トップ > 主な執筆履歴 > 【SUPERCRITICAL?超臨界の可能性】

【SUPERCRITICAL~超臨界の可能性】

超臨界の可能性

2002年 システム・インテグレーション株式会社発行
筆者:
多喜 義彦 [システム・インテグレーション株式会社]
岩井 芳夫 [九州大学大学院 助教授]
野口 賢二郎 [東洋高圧株式会社]

冊子に関するお問い合わせ

米の油脂成分の中にはアトピー性皮膚炎を起こすアレルゲン成分が含まれています。 予め、エタノールなどのアルコールと酢酸などを含む水に浸漬した米を15~25MPa、35~44.5℃の超臨界二酸化炭素で抽出を行なうことで、米のでんぷん質を損なうことなく、効率良く、ほぼ完全にアレルゲン成分を抽出除去することが出来ます。尚、これとほぼ同様の方法で無洗米もつくることが出来ます。